一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2020.03.23 【情報源】環境省/2020.03.19 発表

 環境省は、環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律に基づく「体験の機会の場」について、「三菱製紙株式会社エコシステムアカデミー 白河山荘及び白河甲子の森(社有林)」が認定された。
 「体験の機会の場」はこれで全国18箇所となった。

 「体験の機会の場」は環境教育等促進法第20条に基づく制度で、民間の土地・建物の所有者等がその土地・建物を自然体験活動などの体験活動の場として提供する場合に、申請に基づき都道府県知事等の認定を受けることのできる制度。
 認定に当たり、安全確保に関することや、実施体制に関することが要件にあり、環境教育の質の高さを担保するとともに、安心して参加できる体験活動の機会の提供につながっている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース