EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
一時保管場所の産廃の移動について  
次の記事へ
 件数:11201件
 新着順に表示
 46-55件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2017年12月18日   最終回答日 | 2017年12月20日
サブカテゴリ | ごみ・リサイクル >> 産業廃棄物
No.40934
? 一時保管場所の産廃の移動について  2017-12-18 18:51:27
ZWlf83d 産廃風太郎

一時保管場所が狭いので、分別して溜まった産廃を社内の別の倉庫に移動させようとする時の問題点はなんでしょう?

また、移動させた倉庫からバッカンを最終処分場へ移庫することの問題点はなんでしょうか?

皆様お知恵をお貸しください。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40935
A-1. Re:一時保管場所の産廃の移動について 2017-12-20 08:44:37
ZWl47e たる吉
廃棄物処理法とは、一見、廃棄物の処理に関する法律かと思うところですが、その正式名称を「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」と言い、実際には当該法規制内にも規制が無い、「清掃」という点の範囲の解釈が重要となってきます。

例えば、大阪市のQ&Aでは、次の解釈がなされております。
http://www.pref.osaka.lg.jp/jigyoshoshido/report/faq_1.html#q8
『Q8 道路清掃に伴う産業廃棄物の排出事業者は、清掃業務を受託した業者か発注した道路管理者か?
A8
 道路管理者が排出事業者となります。
 清掃業務において生ずる産業廃棄物は、清掃業者が産業廃棄物を発生させたものではなく、清掃する前から発生していた産業廃棄物を一定の場所に集積させる行為をしたに過ぎないため、清掃委託をした事業者(道路管理者)が排出事業者となります。
 従って、道路清掃に伴う産業廃棄物を当該道路から離れた場所にある道路管理者の保管選別施設や処分業者の施設まで運搬する場合において、当該清掃業者に運搬を委託する場合には、廃棄物処理法の委託基準が適用されます。』

つまり、貴社が行っている一時集積が自社敷地内への移送であれば、廃棄物処理法の規制はかからず、「清掃」という解釈が可能ではないかと思います。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ