EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
汚れた段ボールは産廃物?    
次の記事へ
 件数:11266件
 新着順に表示
 101-110件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年02月10日   最終回答日 | 2018年03月27日
サブカテゴリ | ごみ・リサイクル >> リサイクル
No.40969
? 汚れた段ボールは産廃物?  2018-02-10 13:45:46
ZWlf85a ginga
社内から多量の汚れた段ボールが発生しますが、粉体で汚れているためそのままでは古紙業者から引き取りを断られてしまいます。
そこである業者にダンボール清掃を依頼し、清掃後古紙業者に引き渡す予定ですが、汚れた段ボールの業者への引き渡し方法は一般廃棄物、専ら物扱いで一般貨物で搬送できるのでしょうか。
汚れてそのままでは古紙業者から引き取りを断られてしまうようなものなので産廃として収集運搬で運ばなければなりませんか。
産廃扱いとなると新たな契約等を結ばなければならずやや面倒です。
ご教授のほどよろしくお願いいたします。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 5 件  page 1/1 |   
No.40971
A-1. Re:汚れた段ボールは産廃物? 2018-02-14 14:29:34
ZWlf85c toriya
廃棄すれば、廃棄物。

リサイクルすれば再資源。

汚れているから処分 → 廃棄物

綺麗にしてから判断する → 処理検討中の物? ( ←名前はご検討下さい。)

※産廃処分しないモノは、産廃として収集運搬出来ないと考えます。

 一般貨物で運べるかどうかは、モノの状態にもよるのではないでしょうか。飛散や、液漏れ・臭い漏れ等の恐れはないか等事前の確認を行って対策を決めるとか ← ここまでは余計なお世話でしたね。 ><


>社内から多量の汚れた段ボールが発生しますが、粉体で汚れているためそのままでは古紙業者から引き取りを断られてしまいます。
>そこである業者にダンボール清掃を依頼し、清掃後古紙業者に引き渡す予定ですが、汚れた段ボールの業者への引き渡し方法は一般廃棄物、専ら物扱いで一般貨物で搬送できるのでしょうか。
>汚れてそのままでは古紙業者から引き取りを断られてしまうようなものなので産廃として収集運搬で運ばなければなりませんか。
>産廃扱いとなると新たな契約等を結ばなければならずやや面倒です。
>ご教授のほどよろしくお願いいたします。
回答に対するお礼・補足:
回答どうもありがとうございます。

綺麗にしてから判断する → 処理検討中の物

という考え方に則れば産廃物ではないと主張できますね。

アドバイスいただいた外部漏洩のリスクを加味し、検討していきたいと思います。
No.40973
A-2. Re:汚れた段ボールは産廃物? 2018-02-19 14:18:19
ZWlaf1a 妹背の滝
>そこである業者にダンボール清掃を依頼し、清掃後古紙業者に引き渡す予定ですが、

上記の操作が「中間処理」に当たる可能性があるのではないかと思います。
「ある業者」が中間処理の許可を受けており、御社と契約を結んでおく必要があるのでは?

本サイトの環境用語検索によると、以下のような説明がありました。

【中間処理】※一部抜粋
「予め、人為的に汚濁物質や有害物質を除去・無害化したり、
減容・安定化したりする操作の全てを含み、
脱水、乾燥、焼却、破砕、解体、溶融、ガス化、中和、改質、
分解、醗酵などが主要な方法。
分別もまた広い意味での中間処理の概念に包括される。」


御社が、発生事業所サイト内で自ら清掃することは、問題ないと思います。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.40974
A-3. 過去のQ&Aより 2018-02-19 14:35:45
ZWlaf1a 妹背の滝
過去のQ&Aのなかから、以下の資料を見つけました。
Q-9をご参照ください。
http://www.env.go.jp/recycle/waste/reg_ref/q_and_a.pdf

回答に対するお礼・補足:
大変遅くなりましたが、ご丁寧な回答を頂きましてありがとうございます。ご教授いただきましたURLは参考になりました。重ねて御礼申し上げます。
No.41013
A-4. Re:汚れた段ボールは産廃物? 2018-03-27 22:10:32
ZWlf85c toriya
 環境関連の法律は、地球や環境や人々の活動と安心安全な生活を守る為に必要最小限を基本につくられていると解釈しています。一部分の引用だけで判定が正反対に向かう事を、廃掃法は目指しているのでしょうか。私には到底受け入れがたい事例です。人に優しいのが法・道理及び秩序の基本です。
そして基本的な考えが違うのでコメントするのが気が進みませんが・・・・

極端な例・建設リサイクル法で言えば、下請け業者が収集運搬を行うには、委託契約が必要ですが、下請けが分別解体を行うのであればよそで中間処理を行う事になり違法となりませんか? 建設現場においては、分別は義務ですが、移動中間処理業として法律は縛っていない筈です。無論元請と発注者には責任が生じます。 特定建設資材では、不法処理を防ぐために原則として委託契約とマニフェストの交付を義務付けております

また極端な例えでは、衣類のクリーニング業者が汚れた服をクリーニングする場合、中間処理には該当しない。但し、廃液や粉など集められる状態である場合など適正に処理するところに頼むのは、依頼する側の責任であり義務が発生しますし、想定の範囲といえるでしょう。無論汚泥ではありません。

ハウスクリーニングでも同じで、サービス業や一般廃棄物を扱う業者には該当しませんが、筋をずらし不法投棄をすれば法律に触れるのはあたりまえで、発注者には責任が生じます。いわゆる道徳やコンプライアンスに気を付けるのは当たり前の事ですが、その都度法律や法令・施行令など持ち出すまでもない事ですね。

微量な場合や有害物質が環境に影響を与えない場合。ここで出て来る蛍光灯や取り外した廃酸の入ったバッテリーというモノ。蛍光灯は特管運搬の許可ではないし、バッテリーの場合も排出者責任で、特管か有価物かもっぱら物の選択肢を設け自由貿易の観点からバゼール法などの条件を満たせば海外貿易をも、ある程度の国が許しております。< 続く >
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.41014
A-5. Re:汚れた段ボールは産廃物? 2018-03-27 22:18:16
ZWlf85c toriya
<続き>  もえがらも、特管物としては、ダイオキシン類の汚染の程度の高い専用炉を中心にし、住宅の火災残渣は、がれきという表現に押さえ、一般廃棄物として表現している自治体が多数を占め、国の通達の影響が伺われます。但し、専門業者が運ぶ場合は、産業廃棄物に変わります。そういった正しい理解と解釈が求められる筈です。

 環境省のあちこちのページの答えに書かれている例外(もっぱら物、有価物、古物商、その他にも離れた話題では、薬事法に規定されているドクダミやゲンノショウコウといった漢方薬の原料でも、健康食品の範囲内であれば露店や移動販売所でも行商の許可など別な条件をクリアしていれば、問題ない。

法律をつくった立場の人は、それを前提としているからこそ極端にしばりません。

 この話の結論としては、企業としての道徳や理念コンプライアンスの観点から馴染みの産廃業者や監督都道府県市町村の担当者に問い合わせる必要はあります。
なぜなら、その自治体によって違った解釈や変った条令など施行している所があり、確認しないと条例違反になる場合も考えられます。再資源化・リサイクルに関しては、柔軟な環境保護の大きな観点から私達は対処して行かなければならないのではないでしょうか。

私は、中間処理業者に勤めるモノで、法や法令施工令を自分で調べるのが好きな単なる物好きです。郵政民営化の頃から、この国の助け合いの仕組みが消えて取り返しが付かなくなっていますが、また余計な話でしね。 拝
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 5 件  page 1/1 |   
ページトップへ