EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
こちらも閑古鳥が…      
廃棄物の下取りについて     
一般廃棄物処分業者の事業活動に伴... 
震災から2年。Hキョージュの環境行...
再び「最近は…」       
質問ではありませんが。     
再生可能エネルギーの真意に関して  
最近は…          
掲示板利用による特定Q&Aスレッドに...
筑波山麓さん PC大丈夫?    
次の記事へ
 件数:122件
 新着順に表示
 18-27件 を表示
メルマガ申し込み メンバー登録 ヘルプ サイトマップ
国内環境ニュース 海外環境ニュース イベント情報 環境Q&A 機関情報 環境リンク集 環境用語集 ライブラリ 森づくり
登録日 | 2012年10月09日   最終回答日 | 2012年11月25日   サブカテゴリ | 環境一般 >> その他(環境一般)
No.38793
? 再び「最近は…」  2012-10-09 12:54:02
ZWle41e 今は分析と開発屋
 http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=38528
 のスレッド(最近は…)に対する返答をする前に、締め切られてしまったので、改めて立ち上げます。

 ここにきて少しはQ&Aも活発になってきたのかなと「少し」感じ始めています。とは言っても、「1つ回答が来たら終了」というのも見受けられます。

 皆様、いかがでしょうか?
この質問の修正・削除(質問者のみ) この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
古い順に表示新しい順に表示
総件数 14 件  page 1/2 |  1 2 次へ
No.38794
A-1. Re:再び「最近は…」 2012-10-09 13:00:48
ZWle41e 今は分析と開発屋
 ここで改めて以前のスレッドでの筑波山麓様への返事を述べます。

 回答ありがとうございました。「再生可能エネルギー」は非常に「デリケート」な問題ですが、筑波山麓様ならばこなせるものと確信しております。

 以上この場を借りて回答に対する返答とさせていただきます。
回答に対するお礼・補足:
 (続き)
 引き続き皆様の意見をお待ちしています。
No.38798
A-2. おっしゃる通りと思います 2012-10-10 19:23:16
ZWl7727 todoroki
http://www.eic.or.jp/qa_new/index.php?act=view&serial=38736(筑波山麓さんのQに対するA3)
にも書かせていただきました。

一つの答えを信じて自社で事業を推進して、それが大きな間違いだと知った時、
質問者はいったいどうされるのでしょう?
回答に対するお礼・補足:
 ありがとうございます。

 そうですよね。どうするのでしょうか?
 「少し」気になるところです。
No.38799
A-3. Re:再び「最近は…」 2012-10-10 20:28:05
ZWl3b51 万田力
今は分析と開発屋 様
  
定年退職後、再就職先で水処理プラントの運転に携わっている、「今は水商売」の万田力です。

> ここにきて少しはQ&Aも活発になってきたのかなと「少し」感じ始めています。

とのことですが、私はそれほどには感じません。

todorokiさんが

> だんだん、質問が環境の内容からはずれつつある、または内容が浅薄になりつつあるように感じられます。

とおっしゃっておられますが、「環境の内容からはずれた」のが原因か「内容が浅薄になった」のが原因か?恐らく相互に作用し合った負のスパイラルが働いているのだとおもいます。
 かつて、小生が http://www.eic.or.jp/qa_new/?act=view&serial=34062 のA−2で

> 困っている方に手をさしのべることを否定するわけではありませんが、なんでも相談室なら他にもあるわけで、このQ&Aの本来の趣旨が損なわれるようになると、環境問題に関するQ&Aとしての価値が下がってしまい、結果的に会員が遠ざかってしまうのではないかと危惧しています。

と述べたことが現実となってきたように思っています。
回答に対するお礼・補足:
 ありがとうございます。

 そうですね。まあ、私も質問内容とその応答に関する話題は「あえて」問わずに「少しは活発になった」と述べたまでで、内容については「問題あり」ですね。

 まあ、とことん突き詰めていく人が減ったことは間違いないと考えます。ちなみに私は現在環境分析はしておりませんので、ここ最近は「見るだけ君」になってしまっておりますが。

 
No.38816
A-4. Re:再び「最近は…」 2012-10-16 15:29:30
ZWlba5 ronpapa
この場をお借りして・・・。
〔近況〕
ようやく(?)無事に定年退職を迎え、そのカウントダウンが始まりました。 まぁ、一言で“無事に”とは申し上げましたが、それなりに波乱万丈で、辛くも面白い、なにかと挑戦に満ちた四十年余りのサラリーマン的人生を体験学習させてもらいました。 次の四十年をどう生きようかと考えるほど長生き出来る保証もありませんから、とりあえず白紙状態で退社することにしました。感謝、感謝です。

〔意見〕
当Q&Aについては、時々危機的状況を示す時期(季節要因?)があるようです。 私も過去には随分と気になってしまい(自己欺瞞にも似た僭越な行為とは自覚しつつ)、この掲示板を利用させていただき、利用者(主に回答者)の立場からの当サイトQ&A利用方法についての不都合な点や機能として不足している面についてなど指摘させていただきました。
改善提案も含めて実験的スレッドを立ててみたりもしましたが、この掲示板に移された先人の方々からのスレッドの中には、(真摯な意見交換として)会員相互の不満や建設的な提案も寄せられていることは皆さんご存知の通りと思います。
残念ながら、(一度は約束されていたはずの)サイト機能の改修も行なわれないまま今日に到っている訳ですが、EICネット事務局なりサイト管理者の怠慢と言って批判することも叶わず、折りに触れて当サイト利用のアイデンティティ/存在価値を(掲示板への意見投函や事務局へのメール投函といった手段によって)訴えるしかありませんでした。
「去るものは追わず」と述べて去っていかれた方もいましたが、「来るものは拒まず」との言もありますから、“質の向上”を問わない限りは存続するのかもしれません。

〔門外漢ですが〕
以前に何度も話題になったアスベスト問題におけるJIS分析法やバーミキュライトについて、最近気になる記事を読みながら(JIS分析法の問題とISO国際規格についての論評記事でしたが)、過去のアスベスト分析屋さんの意見や回答・助言を寄せられた火鼠さんのコメント内容などを読み返してみて、なるほどそういう問題や背景があったからなのか…と感心することが多かったです。 そのように、その時点では分からなかった回答助言内容が、後から理解できる喜びも当サイトQ&Aの楽しみ方のひとつ(?)になるかもしれません。 …そんなの私だけかな?
回答に対するお礼・補足:
 ronpapa様、ありがとうございました。

 まあ、若輩者の私は無事に定年を迎えられるかどうか…

 まあ、質問者が一つの回答で納得しているかはともかく、ここのコンセプトは「みんなでなんとかしよう」と思うので(私だけか? こう考えているのは)、もっと活発な論議を期待してしまうのですが。

 「アスベスト問題」ですが、いよいよISO22262が公表になるようです。ただ、論評の記事はどうなんですかねえ…。
No.38820
A-5. Re:再び「最近は…」 2012-10-17 20:00:08
ZWlea13 1パーセク
>JIS分析法の問題とISO国際規格についての論評記事でしたが

この「記事」ですが、すでに輸入禁止となった鉱物で、しかもコンマ以下の分析はどちらがいいのかという話と解釈したのですが。
そもそも、こんな細かい分析はできるのかという話もあったと記憶します。
この場みたいな、分析屋さんだけのある意味狭い世界の話題のような。
それを何回にもわけて、普通のビジネス誌に連載するのはどういう意味があるのでしょうか。
読んでわかる人はかなり少ないでしょう。
なんか、裏があるような、何か隠された意図があるとしか思えなかったんですが、考えすぎですか。
分析屋の皆さんどう読まれましたか。
回答に対するお礼・補足:
 ありがとうございます。この話題についてのコメントは後で述べます。
No.38821
A-6. ISO22262の論評 2012-10-18 13:22:02
ZWl8329 火鼠
石綿大好きといいながら、世間に疎く知りませんでした。読んでみて何をいまさらと感じました。
仮に、JISから、ISOになったとしたら、また分析機器メーカが大喜びでしょうね。
現行のJIS分散染色法でクリソタイルが見つけにくいのは当たり前で、粉砕された微粒子がクリソタイルに纏わり付き繊維を隠してしまうし、クリソタイルが発色する1.55の分散液で発色するものは一部だし、屈折率が近いから見えない物が多い。同じ分散液なら1.85でクリソタイル(色は出ない)を見たほうがよっぽどわかる。微粒子に隠れる繊維は、水に分散させる時に洗剤を1滴たらしてやればかなり改善されるのだが、そんなことは、JISには書いていない。現行のJISは鉱物学者以外の学者主導で機器メーカとコラボしてつくられた産物ではないかと思います。アスベストの標準サンプルだって、よくみたら中でアスベストが固まりになっていたものもあったぐらいです。JISの方法は穴だらけです。しかし、重箱の隅をつつくのではなく、もっと簡単な方法でまとまって欲しいものです。
回答に対するお礼・補足:
 ありがとうございます。この話題に関するコメントはもう少し意見が出てから述べます。
No.38836
A-7. ここに書いても伝わらないのですが… 2012-10-23 23:46:40
ZWl3b51 万田力
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=38829
の質問とA−1及び2へのお礼を見て、次のような「回答」をアップしようとしたのですが、荒らし行為になるかと思い、この場をお借りします。


「袖ヶ浦」だったり「奄美」だったりの「千葉」さんへ

 あなたはたる吉さんの回答に対して「砂利を除くのではなく道床バラスト(旧線路敷き)をそのまま流用し盛土材として使用して良いでしょうか」と尋ねておられますが、 たる吉さんが紹介されている通知文の「これを不要として排出する場合には、令第1条第9号に規定する産業廃棄物に該当する。」という記述をどのように解釈されました?
 あなたの立場は「駅を利用している者」だそうですが、道路側溝の泥の分析をしてみたり、土壌改良(薬注処理)した土砂の心配をしたり…
 私も駅は利用しておりいますが、再開発事業をやっている現場を見て河原にある砂利や建設資材として使われるクラッシャーランと変わらないものが盛り土材として使われているのを見て「不適正処理ではないか?」などと心配したことはありません。
 あれから5年も経っていますが、偉そうに「ご教授願いたい」などと言う言い回しや質問の内容ははつっちー氏の再来を思わせますね。
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=22631
回答に対するお礼・補足:
 ありがとうございます。まあ、「質問者」がどんな人か分からないところがねえ…。
No.38850
A-8. Re:再び「最近は…」 2012-10-30 23:35:52
ZWlba5 ronpapa
こんばんわ。(これは“こんばんは”が正しいのでしょうか…)

- 今月末に無事(?)退職しました。 ただいま浪人中です。
- 余計なお世話と承知ですが、気になる質問スレッドがあったので http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=38847 スルーすべきとも感じつつレス投函しました。賛否両論ご批判お受けします。

- 万田力さんのA-7.は同感です。 分析屋さんも述べられる通り、『まあ、「質問者」がどんな人か分からないところがねえ…。』も問題であったり、質問の趣旨や背景なりの説明不足があったり、さらには疑問や情報の出処が明記されないままでの(ボランティア回答者側の)疑心暗鬼を生んでしまう弊害なり・・・と、いろいろな不便や不都合、アンフェアとも感じる機能不足を痛感します。

- 私がA-4.で申し上げた記事については、「JIS分析法の問題とISO国際規格についての論評記事」で入力検索していただくと見つけられるはずですが、 1パーセクさんがA-5.で述べられた通り、3ヵ月間に5回の連載記事にするほどの内容があったとも思えませんので、その後の放射能関連記事の連載と含めて、(『何か隠された意図』と言うよりも)気鋭のジャーナリストさんとしての“発展途上”的イメージを感じます。
- が、私の意見趣旨は「以前に何度も話題になったアスベスト問題におけるJIS分析法やバーミキュライトについて、過去のアスベスト分析屋さんや火鼠さんのコメント内容などを読み返してみて、なるほどそういう問題や背景があったからなのか…と感心することが多かったです。 そのように、その時点では分からなかった回答助言内容が、後から理解できる喜びも当サイトQ&Aの楽しみ方のひとつ(?)になるかもしれません。」という域を出るものではありません。

- やはり最近は、
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.38856
A-9. Re:再び「最近は…」 2012-10-31 21:50:33
ZWlea13 1パーセク
"今は分析と開発屋"さんのスレッドを勝手にお借りしたことをお詫びいたします。
「JIS分析記事」での皆様のご意見は、とても参考になりました。有難うございました。
回答に対するお礼・補足:
 別に構いませんよ。ここは「意見」を述べる場所なので、私も掲題に限らず意見等を言っていただいてもとやかくは言いませんので。

 アスベストに関しては言いたいことはあるので、しばらくしてから私の意見を述べます。

 
No.38867
A-10. ISO22262について 2012-11-09 09:42:19
ZWle41e 今は分析と開発屋
 自分で立ち上げたスレッドに自分が別の意見を言うのは「禁じ手」に近いのですが、ご容赦願います。

 ISO22262についてですが、この案件は3年位前に「出るよ」と言われていました。正直なところ、「やっと出たのかよ」という意見です。日本のJIS法がダメな方法でアメリカがやっているEPA法が優れているという方法だという話ではありますが、まあ、私が考えるに「偏光顕微鏡」の方が「位相差顕微鏡」よりも優れてはいますが、いずれにしろ両法とも「分散染色法」で検鏡するので、問題は「大有り」です。「電子顕微鏡を使うから問題ない」と言ってはいますが、電子顕微鏡用のプレパラート調製が難しいと考えます。
 また、「繊維の定義」の世界的な統一見解が今迄成されていなかったことが問題です。「アスペクト比(繊維の幅に対する繊維の長さの比)が3以上のものを繊維とする」というWHOやILOの見解なのですがこれが国によって異なる見解をしていましたので、問題がこじれたと考えます。
 さらに問題を複雑にしているのが、「0.1重量%以上」を「アスベスト含有」とするというGHS(だったよな)などの見解です。これはかなり難しい問題で、「天然鉱物」もこの範囲に入るものが多いです。ちなみに今回出たのはISO22262-1で、「定性(アスベストが入っているかいないか)」の判定をする方法で、「定量(どの位入っているのか)」の判定方法ではありません。定量の方法はISO22262-2とISO22262-3で行うという話を以前聞きましたけど。

 いずれにしろ、「アスベストの定性」の判定は、顕微鏡だけでは難しいので、他の分析機器を併用して(XRDやIR、ラマン、TG-DTAなど)判定を行った方が良いだろうと考えます。

 
回答に対するお礼・補足:
 まだまだご意見を募集しています。皆様お気軽に(と言ってしまうと問題発言になるかな?)ご意見をお願い致します。
総件数 14 件  page 1/2 |  1 2 次へ
ページトップ
Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.