一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 トリクロロエタン

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

トリクロロエタン

トリクロロエタン   【英】Trichloroethane  [略]C2Cl3H3  

解説

塩素原子の配置によって2種類の異性体があるが、1,1,1-トリクロロエタンがオゾン層破壊物質として規制物質に指定され(1992年のモントリオール議定書締約国会議)、1996年までに全廃とされた。

無色の燃えにくい液体であり、洗浄力がすぐれているため金属部品、電気部品などの洗浄用に大部分が使用される。大気中の寿命は数年で、オゾン層破壊係数は、特定フロンの10分の1程度と考えられている。

また、水質汚濁に係る環境基準では、健康項目(人の健康の保護に関する環境基準)として、1,1,1-トリクロロエタンは1mg/l以下、1,1,2-トリクロロエタンは0.006mg/l以下の基準値が定められている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト