一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ノニルフェノール

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

ノニルフェノール

ノニルフェノール   【英】Nonylphenol  

解説

プロピレンの3重合体(ノネン)とフェノールの反応により工業的に合成されるもの。

国内でのノニルフェノールの年間生産量は17千トン(2000年)で、エチレンオキシドと反応させてノニルフェノールエトキシレートが年間26千トン(2000年)生産されている。なお、ノニルフェノールエトキシレートの国内販売量は14千トン(2000年)である。

ノニルフェノールエトキシレートは非イオン系界面活性剤であり、その用途は工業用の洗浄剤、分散剤としてゴム・プラスチック・繊維工業、機械・金属工業、農薬工業などで使われている。ノニルフェノールエトキシレートは、アルキルフェノールエトキシレートの生産量の約80%を占め、最も生産量が多い。環境水中で微生物分解され、ノニルフェノールが生成することが知られている。

ノニル基は分枝型であり、多数の異性体が存在する。微生物分解性は低く、また環境ホルモンとしての疑いが持たれている。業界の自主的取組として、ノニルフェノールエトキシレートからアルコールエトキシレートへの転換が進められている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト