一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 藻場

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

藻場

モバ   【英】Kelp Coast  

解説

沿岸域の海底でさまざまな海草・海藻が群落を形成している場所を指す。主として種子植物であるアマモなどの海草(sea grass)により形成されるアマモ場と、主として藻類に分類されるホンダワラ、コンブ、ワカメといった海藻(seaweed)により形成されるガラモ場とがある。

海草・海藻類は、プランクトンをはじめとした多くの海棲生物に酸素を供給し、海水中の栄養分を吸収して水を浄化したり、地下茎で海底を安定させる機能もある。また、藻場は魚類、ウミガメジュゴンなどの餌になり、魚類・甲殻類の産卵・生育場所、隠れ場にもなるなど、沿岸域の多様な生物に生息の場を提供している。日本人は古くから漁業などで藻場の恩恵を受けながら生活してきたが、近年は水質汚濁や埋立などにより藻場の消失が進んでおり、保全の重要性が増している。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト