一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 排出削減ユニット

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

排出削減ユニット

ハイシュツサクゲンユニット   【英】Emission Reduction Units  [略]ERU  [同義]排出削減単位 

解説

共同実施(JI)プロジェクトの結果生み出される、ある特定された温室効果ガス排出削減量(クレジット)のこと。温室効果ガス排出権取引において取引単位として扱われるクレジットのひとつ(他にAAU、RMU、CERがある)。

京都議定書の第6条(旧 共同実施)では 数量目標を達成するため、附属書I締約国は、発生源による人為的排出を削減することあるいは吸収源による人為的除去を増進することを目的としたプロジェクトによる排出削減ユニットを他の附属書I締約国に移転し、又は他の附属書I締約国から獲得することができる。附属書I締約国と非附属書I締約国との共同実施は、クリーン開発メカニズムの下で行うことができると定められている。

なお「国としての総排出枠」=「割当量単位(AAU)」+「吸収量(RMU)」+「排出量取引による排出枠(AAU、ERU、CER、RMU)の取得・移転分」±「JIおよびCDMで発行されたクレジットの取得分(ERU、CER)」。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト