EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
クリーン開発メ... 
次の記事へ
 件数:95件
 索引:「ク」
 30-39件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
クリーン開発メカニズム
クリーンカイハツメカニズム   【英】Clean Development Mechanism   [略]CDM  
 解説 |
京都議定書に規定される柔軟性措置のひとつ。京都議定書第12条に定められ、「京都サプライズ」といわれる革新的な手法。同じく柔軟措置のひとつである「共同実施」に似ているが、発展途上国(非付属書I国)におけるプロジェクト投資を管理するものである。なお、同議定書には「排出量取引」「共同実施」と合わせて、3つの柔軟性措置が規定されている。
具体的には、先進国と途上国が共同で温室効果ガス削減プロジェクトを途上国において実施し、そこで生じた削減分の一部を先進国がクレジットとして得て、自国の削減に充当できる仕組み。なお、このとき先進国が得られる削減相当量を「認証排出削減量(CERs)」という。
具体的なルール作りが難航したが、2001年11月にモロッコのマラケシュで開催されたCOP7で、運用に関するルールが決められた(マラケシュ合意)。
 この解説に含まれる環境用語 |
  排出量取引
  認証排出削減量
  途上国
  柔軟性措置
  共同実施
  京都議定書
  温室効果ガス
  マラケシュ合意
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  地球環境途上国の環境問題

 関連Webサイト |
  CDM・JI(環境省>地球環境局>京都メカニズム情報コーナー)
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/cdm_ji.html
  JQA > CDM(クリーン開発メカニズム)Service Information
http://www.jqa.jp/17cdm/cdmtop.html
ページトップへ