EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
希少種    
次の記事へ
 件数:145件
 索引:「キ」
 59-68件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
希少種
キショウシュ   【英】Rare Species   [同義] 稀少種 
 解説 |

一般的には、数の少なく、簡単に見ることが出来ないような(希にしか見ることが出来ない)種をさす。稀少種も同義語。「種の保存法」に基づき指定された、国内希少野生動植物種国際希少野生動植物種を指して使われることもある。

環境省のレッドデータブックのカテゴリーの旧区分では、「希少種」を「存続基盤が脆弱な種または亜種」と定義していた。絶滅危惧種ほど緊急性はないが、本来の生息地が局限または孤立している、生息密度が低い、生活史の中で特殊な環境条件を必要とするなど生息条件の変化に弱い種がこれにあたる。また、個体数の減少や生息条件の悪化、捕獲圧、交雑可能な別種の侵入などの圧迫が強まっている種も含まれていた。

IUCNの新Red List Categoriesの採択(1994)を受け、1997年に日本版レッドデータブックのカテゴリーが見直され、旧区分の「希少種」は「準絶滅危惧種」に変更された。この新区分は、現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によって「絶滅危惧」に移行する可能性のある種を指すと定義され、ヤマネ、オオサンショウウオなどがあがっている。

 この解説に含まれる環境用語 |
  絶滅危惧種
  種の保存法
  国内希少野生動植物種
  国際希少野生動植物種
  交雑
  稀少種
  レッドデータブック
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  環境省・生物多様性センター
http://www.biodic.go.jp/rdb/rdb_category.html
ページトップへ