一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 野生生物種の減少

作成日 | 2003.12.12  更新日 | 2009.10.16

野生生物種の減少

ヤセイセイブツシュノゲンショウ   【英】Diminishing Wildlife Species  

解説

地球上には多様な野生生物の種が生息、生育している。国際自然保護連合(IUCN)は、世界の絶滅のおそれのある動物の種名リスト(レッドリスト)を作成している。この中には5,000種以上の動物が掲載され、これらは絶滅の危機にされされている。しかもこのリスト以外にも、熱帯雨林などではその存在が知られないまま、かつてない速さで種の絶滅が進んでいることから、実際にはこのリストの数を上回る規模で種の減少が進行していると考えられている。人類の活動は、自然界の種の生命を左右しうる存在となっている。いったん絶滅した種を、再び蘇らせることができない以上、野生生物の種の減少を防止することは、将来の地球、人類自身のためにも極めて重要なこととなっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト