一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 液化天然ガス

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

液化天然ガス

エキカテンネンガス   【英】Liquefied Natural Gas  [略]LNG  [同義]LNG 

解説

メタンを主成分とする天然ガスを低温技術によって約 -160℃に冷却し、液化したもの。

天然ガスを液化すると体積が元の約1/600になるので、一度に大量輸送できるメリットがある。石油、石炭などの他の化石燃料に比べ、燃焼によるCO2発生量は、2-4割少ない。クリーンエネルギーとして液化天然ガスへの燃料転換が注目をあびている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト