EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
資源の有効な利... 
次の記事へ
 件数:442件
 索引:「シ」
 29-38件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
資源有効利用促進法
シゲンユウコウリヨウソクシンホウ   【英】Law for the Promotion of Effective Utilities of Resources   [同義] 資源の有効な利用の促進に関する法律  新リサイクル法  改正リサイクル法 
 解説 |
資源の有効利用を促進するため、リサイクルの強化や廃棄物の発生抑制、再使用を定めた法律。「再生資源利用促進法」(1991年制定)を抜本的に改正し「資源有効利用促進法」と名称を改め、2000年に制定された。経済産業省・環境省所管。
同法は、リサイクルしやすい設計を行うべき製品、使用済み製品を回収・リサイクルすべき製品、生産工程から出る廃棄物を減らしたりリサイクルすべき業種、リサイクル材料を使用したり部品などを再使用すべき業種など7項目について、業種や製品を具体的に指定している。「循環型社会形成推進基本法」で示された「3R(リデュースリユースリサイクル)」という廃棄物処理の優先順位の考え方を採用している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  循環型社会形成推進基本法
  再使用
  リユース
  リデュース
  リサイクル
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  総務省法令データ提供システム
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H03/H03HO048.html
  循環型社会形成のための法体系(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/closed_loop/
  資源有効利用促進法・データベース
http://www.nippo.co.jp/re_law/relaw2.htm
  資源有効利用促進関連(環境省廃棄物・リサイクル対策部)
http://www.env.go.jp/recycle/recycling/recyclable/index.html
ページトップへ