一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 持続可能な開発のための教育

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

持続可能な開発のための教育

ジゾクカノウナカイハツノタメノキョウイク   【英】Education for Sustainable Development  [略]ESD / EfS  [同義]持続可能な発展のための教育  持続可能性のための教育(EfS) 

解説

国際的な政治経済の会議での議論を通じて形成されてきた概念。

ストックホルム会議(1972)以降に一般化した「環境教育」が、ブルントラント委員会報告『Our Common Future』(1984)に盛り込まれ注目を浴び、さまざまな場面で議論されてきた「持続可能な開発」という概念と並行して、持続可能性の概念を追及するための教育として発展してきた。テサロニキ宣言(1997)で、内容に関する一定の到達点をみることができる。統一的な見解が得られているわけではないが、環境教育の進化した段階と見なす傾向が強い。

「個人の態度の変化」から「社会的、経済的、政治的構造及びライフスタイルの転換」へ、あるいは、「気づき、知識、理解、技術の習得」から「公正、正義、民主主義、尊敬、行動する力」など、前者を内包しつつ射程を広げている。

Developmentを発展と訳したり、より漠然と「持続可能性のため(の教育)」と称することもある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト