EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
DDT     
次の記事へ
 件数:34件
 索引:「デ」
 7-16件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
DDT
ディーディーティー   【英】Dichlorodiphenyltrichloroethane   [略]DDT   [同義] ジクロロジフェニルトリクロロエタン 
 解説 |
1939年に開発され、強力な殺虫効果が認められた最初の有機合成殺虫剤
かつて防疫および農業用殺虫剤として世界中で広く使われたが、日本ではその毒性、特に残留性のために「農薬取締法」によるDDT製剤の販売が禁止された。
日本におけるDDTの農薬登録期間は1948年9月?1971年5月で、1981年には「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」の第一種特定化学物質に指定され、製造・輸入が禁止された。
また、POPs条約の規制対象物質のひとつでもある。なお、DDT及びその代謝物(DDEおよびDDD)は環境ホルモンのひとつとして指摘されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  農薬取締法
  特定化学物質
  製剤
  殺虫剤
  環境ホルモン
  化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律
  POPs条約
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  環境省第2回POPs対策検討会資料
http://www.env.go.jp/chemi/pops/kento/02/pdf/ref08_2_8.pdf
  喪われた化合物の名誉のために(1)〜DDT〜(有機化学美術館)
http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/DDT/DDT.html
ページトップへ