EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
エクソン・バル... 
次の記事へ
 件数:144件
 索引:「エ」
 16-25件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.07.29

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 昨年12月のCOP21で採択されたパリ協定は、先進国・途上国という従来の二分論を超えて、歴史上初めて全ての国が参加する温室効果ガス排出削減等のための枠組みです。長期目標として2℃目標の設定(1.5℃に抑える努力を追求)、温室効果ガスの削減目標の5年ごとの提出・更新、適応計画プロセスや行動の実施等を内容とするパリ協定の採択によって、地球温暖化対策は国際的に新しいステージに入り、これに呼応して、我が国の国内の地球温暖化対策も新しいステージに入ることとなります。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.12.12 更新日 | 2009.10.14
エクソン・バルディーズ号事件
エクソンバルディーズゴウジケン   【英】Exxon-Valdez Accident  
 解説 |
1989年にタンカー「エクソン・バルディーズ号」が起こした大規模な油流出事故。
同号は、米国アラスカ州バルディーズ港から原油20万キロリットルを積載して出港し、1989年3月24日午前0時頃、同港の南西22マイルにおいて乗揚げ事故を起こし、積荷の原油約4万2,000キロリットルを海上へ流出させた。
流出油は、防除体制の遅れからプリンス・ウィリアム湾一体に広がり、少なくとも350マイル以上の海岸を汚染し、ニシン、鮭等の魚類、海鳥、海獣等が多大な被害を受け、国際的に大きな反響を呼んだ。
この事故を契機として、1990年2月に第16回国際海事機関(IMO)総会において、大規模油流出事故に対応するための国際協力体制の確立等を目的とする「油による汚染に関わる準備、対応及び協力に関する国際条約」(OPRC条約)が採択された。
 この解説に含まれる環境用語 |
  油による汚染に関わる準備、対応及び協力に関する国際条約
  国際海事機関
  海鳥
  海岸
  OPRC条約
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境海洋環境

 関連Webサイト |
  NMFS Office of Exxon Valdez Oil Spill Damage Assessment
http://www.fakr.noaa.gov/oil/
  Images From the Exxon Valdez Spill
http://response.restoration.noaa.gov/photos/exxon/exxon.html
  10 years After the Valdez Oil Spill: An Environmental
http://www.valdezscience.com/
ページトップへ