EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
分流式下水道  
次の記事へ
 件数:33件
 索引:「ブ」
 24-33件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
分流式下水道
ブンリュウシキゲスイドウ   【英】Separated Sewer System  
 解説 |

汚水と雨水を別々の管渠系統で排除し、雨水はそのまま公共用水域に放流し、下水のみを終末処理場で処理する方式の下水道

2本管を布設しなければならないので、建設費は余計にかかるが、雨水と汚水が完全に分断されるので、合流式のように汚水が川に流れ込むようなことはない。

近年では分流式を採用する市町村が圧倒的に多い。しかし誤接合等により汚水系統に雨水等が流入する場合がある。不明水が流入すると、処理コストが増大し処理施設にも負担となる。雨水流入量が多い場合管渠からの溢水が生じることもある。

汚水管のマンホールは下水の臭いを防ぐためと、降雨時に雨水が入るのを防ぐため、蓋の穴が空いていない。雨水管のマンホールは降雨時急激にマンホール内の水位が上昇し、押し上げられたマンホール内の空気の圧力で蓋が押し上げられる(「エアーハンマー」という)ので、それを防ぐために蓋は空気抜きの穴が空けられている。

 この解説に含まれる環境用語 |
  公共用水域
  下水道
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
  合流式下水道の改善(国土交通省都市・地域整備局都市・地域整備局下水道部)
http://www.mlit.go.jp/crd/city/sewerage/data/02-05.pdf
ページトップへ