EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
リサイクル   
次の記事へ
 件数:55件
 索引:「リ」
 7-16件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2014.02.25
リサイクル
リサイクル   【英】Recycle   [同義] 再資源化  再生利用 
 解説 |
 ごみを原料(資源)として再利用すること。「再資源化」や「再生利用」といわれることもある。
いわゆる「3R」の一つ(他2つは「リデュース」「リユース」)。
 具体的には、使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収したものを、利用しやすいように処理し、新しい製品の原材料として使うことを指す。

 狭義には、新製品に使う原料として再資源化再生利用)する「マテリアルリサイクル(原料リサイクル)」を意味する概念としてに限定的に用いられる。広義には、ごみを燃やして、その際に発生する熱をエネルギーとして利用する「サーマルリサイクル(熱回収)」を含めた概念として用いられる。さらに広義には、使用済み製品からまだ使える部品を取り出し、新製品に組み込む「部品のリユース再使用)」も含めてリサイクルと呼ばれることもある。

 循環型社会形成推進基本法(2000)では、廃棄物処理やリサイクルの優先順位を(1)リデュース(ごみの発生抑制)、(2)リユース再使用)、(3)(狭義の)リサイクル、(4)熱回収、(5)適正処分―としている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  循環型社会形成推進基本法
  再生利用
  再資源化
  再使用
  リユース
  リデュース
  マテリアルリサイクル
  サーマルリサイクル
  3R
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  廃棄物・リサイクル対策(環境省)
http://www.env.go.jp/recycle/
  国土交通省のリサイクルホームページ
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/refrm.htm
  3R政策(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/
ページトップへ