EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
硫化水素    
次の記事へ
 件数:55件
 索引:「リ」
 27-36件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
硫化水素
リュウカスイソ   【英】Hydrogen Sulfide   [略]H2S  
 解説 |
腐った卵のようなにおいのある物質で沸点は-60.4℃、融点は-82.9℃、化学式はH2S、分子量は34.08。代表的な悪臭物質のひとつ。
工業的には石油精製・石油化学工業、クラフトパルプ・セロファン・ビスコースレーヨン製造業等において発生する。また、畜産事業場・化製場・下水処理場・し尿処理場・ごみ処理場等において、排泄物などの分解、腐敗などに伴い発生して悪臭の原因となっている。
臭気を感知できる濃度(検知閾値濃度)は0.0005ppm、悪臭防止法により都道府県知事が規制基準として定めることのできる濃度範囲(『臭気強度』2.5?3.5)は0.02?0.2ppmである。
 この解説に含まれる環境用語 |
  閾値
  臭気強度
  下水処理
  悪臭防止法
  悪臭
  し尿処理
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題悪臭

 関連Webサイト |
ページトップへ