EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
下水処理    
次の記事へ
 件数:30件
 索引:「ゲ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
下水処理
ゲスイショリ   【英】Sewarage Treatment  
 解説 |
家庭や工場・事業場から生じる汚水を下水管、ポンプ場を通して下水道に排除し、下水処理場で排水基準までに処理した上で公共用水域へ放流する一連の流れのこと。
下水処理場では、汚水は一次処理として沈砂池、スクリーン、最初沈澱池で細かな土砂や比較的重い浮遊物を沈める。この上澄み液は二次処理として、活性汚泥法と呼ばれる生物処理法で処理される。これは空気を吹き込んで撹拌させる曝気槽というタンクに種汚泥と呼ぶ微生物群と汚水を入れると、槽中の有機物は分解し、それと同時に種汚泥が増殖し、活性汚泥と呼ばれる懸濁物となり、微生物を核として沈澱しやすい固まりとなる。この後汚水は活性汚泥を含んだまま最終沈澱池に送り込まれ、活性汚泥は沈殿し、上澄み水は消毒され公共用水域へ放流される。さらに三次処理として膜処理や紫外線処理などを行い、処理水の再利用をする場合もある。
 この解説に含まれる環境用語 |
  微生物
  三次処理
  公共用水域
  活性汚泥
  下水道
  汚泥
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
  下水処理の仕組み(日本下水道施設業協会)
http://www.siset.or.jp/gesui/top.htm
  社団法人日本下水道協会
http://www.jswa.jp/
  数字で見る東京の下水道(東京都下水道局)
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/gijyutou/fukyu/fukyu_m1.htm
ページトップへ