EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:106件
 索引:「イ」
 97-106件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2010.03.18 更新日 | 2015.01.23
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律
イデンシクミカエセイブツトウのキセイニヨルセイブツタヨウセイカクホニカンスルホウリツ   【英】Act on the Conservation and Sustainable Use of Biological Diversity through Regulations on the Use o   [同義] カルタヘナ法 
 解説 |
遺伝子組み換え生物等(LMO: Living Modified Organism)による生態系への影響を防止するため輸入や使用などを規制する法律。「カルタヘナ法」と略称される。生物多様性条約に基づく「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」(通称名、カルタヘナ議定書)を国内で実施するための国内法として制定され、2004年2月19日から施行されている。法律では、遺伝子組換え作物の栽培や穀物としての流通など一般環境中への拡散を防止しないで使用する場合(第一種使用)に事前に承認を受ける義務、研究や産業など環境中への拡散を防止して使用する場合(第二種使用)の拡散防止措置、未承認の遺伝子組換え生物等の輸入の有無を検査する仕組み、輸出の際の相手国への情報提供、違反者への回収・使用中止命令などを定めている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  生物多様性条約
  生態系
  遺伝子
  カルタヘナ法
  カルタヘナ議定書
  GMO
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  自然環境農業・漁業
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  カルタヘナ法関連(環境省・生物多様性センター)
http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html
  「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」のホームページ(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/seimei/kumikae.htm
  日本版バイオセーフティクリアリングハウス(J-BCH)
http://www.bch.biodic.go.jp/
  総務省法令データ提供システム
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15HO097.html
ページトップへ