一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム

作成日 | 2010.06.10  更新日 | 2010.06.10

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム

セイブツタヨウセイオヨビセイタイケイサービスニカンスルセイフカンプラットフォーム   【英】Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services  [略]IPBES  [同義]生物多様性及び生態系サービスに関する政府間パネル 

解説

生物多様性及び生態系の保全と持続可能な利用のために科学的な根拠に基づいて政策決定を進めるための機関。気候変動のための政府間パネル(IPCC)をモデルにした生物多様性版IPCCとして、国連環境計画(UNEP)などで設立が検討されている。

国連により実施された「ミレニアム・エコシステム・アセスメント(ミレニアム生態系評価)」(MA)によると、過去50年間での生物多様性生態系の損失は、それまでの人類の歴史のどの時代よりも急速で激しく、これによる生態系サービスの低下が懸念されている。このため、MAのような生物多様性の評価と、その科学的知見を政策決定に反映させるための国際機関の設立が期待されていた。UNEPを中心に設置の検討がされ、2010年の生物多様性条約COP10までに結論が出る予定である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト