一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 いのちの共生イニシアティブ

作成日 | 2011.07.01  更新日 | 2011.07.01

いのちの共生イニシアティブ

イノチノキョウセイイニシアティブ   【英】Japan's Initiative to Assist Developing Countries with the Preservation of Biodiversity(“Life in Ha  [同義]生物多様性保全に関する途上国支援イニシアティブ 

解説

2010(平成22)年10月27日、名古屋で開催されていた生物多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)ハイレベルセグメント開会式において、菅直人総理大臣より、COP10議長国である日本政府として、生物多様性条約のポスト2010年目標の達成に向けた開発途上国の努力を支援することを目的に、「いのちの共生(Life in Harmony)イニシアティブ」として2010年からの3年間で総額20億ドルの支援を行うことが表明された。

COP10において合意されたポスト2010年目標(愛知ターゲット)を達成するため、日本が有する知見及び技術、並びに途上国のニーズを踏まえ、日本型の国立公園管理手法を活用した保護区の管理能力向上等を含む生態系の保全、SATOYAMAイニシアティブとも連携した二次的自然環境の保全を含む持続可能な自然資源利用、微生物の保存・培養能力の構築といった遺伝資源へのアクセスと利益の配分などの分野での支援を行っていくとしている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト