EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
NAMAs     
次の記事へ
 件数:56件
 索引:「ナ」
 18-27件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2011.07.01 更新日 | 2011.07.01
NAMAs
ナマ   【英】Nationally Appropriate Mitigation Actions   [略]NAMAs   [同義] 開発途上国による適切な緩和行動 
 解説 |
 気候変動がもたらす悪影響を最小限に留めるための方策について開発途上国が検討することを規定するもの。「開発途上国による適切な緩和行動」(Nationally Appropriate Mitigation Actions)の頭文字を取って「NAMAs」と呼ばれる。
 京都議定書では、先進国による温室効果ガスの削減目標が定められたが、開発途上国は削減の義務を負っていない。しかし、温室効果ガスの排出量は、削減目標の定められていない途上国による排出量も大きくなってきている。そこで、途上国気候変動防止の取り組みを各国なりの方法で実施し、その効果を把握していこうとする考えが出てきた。NAMAsとは、これらの取り組みのことを呼ぶもの。
 COP15で承認されたコペンハーゲン合意では、付表において、附属書I国が2020年までの温室効果ガス削減目標を、非附属書I国は国内の適切な緩和行動(NAMAs)をUNFCCC事務局に提出することになった。この呼びかけに基づいてNAMAsに関する情報を提出している国は2010年3月8日現在で44カ国あり、セクターごとの緩和行動や国レベルの削減数値目標などが示されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  附属書I国
  非附属書I国
  途上国
  京都議定書
  気候変動
  開発途上国
  温室効果ガス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  Appendix II - Nationally appropriate mitigation actions of developing country Parties(UNFCCC)
http://unfccc.int/meetings/cop_15/copenhagen_accord/items/5265.php
  UNFCCC AWG-KP14/AWG-LCA12 サイドイベント「NAMAs及びCDMにおけるMRV」
http://www.iges.or.jp/jp/cdm/activity_regional101008.html
ページトップへ