EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
PM2.5暫定指針  
次の記事へ
 件数:23件
 索引:「ピ」
 4-13件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2013.08.22 更新日 | 2013.09.03
PM2.5暫定指針
ピーエム2.5ザンテイシシン  
 解説 |
 2013年2月に「微小粒子状物質(PM2.5に関する専門家会合」が、当時の社会的な要請(中国においてPM2.5による高濃度の大気汚染が発生し、我が国でも一時的に濃度上昇が観測されたことにより国民の関心が高まったこと)を考慮して国民に注意喚起を行うための暫定的な指針として示したもの。「日平均値70μg/m3を超えた場合には、不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動を出来るだけ減らす。日平均値70μg/m3以下では特に行動を制約する必要はないが、高感受性者では健康への影響が見られる可能性があるため体調の変化に注意する。」とされている。この措置は、大気汚染防止法の緊急時の措置(注意報等)とは別のものと考えられており、法令に基づかない注意喚起のための暫定的な指針値という性格のものである。今後、PM2.5についての健康影響、環境汚染の状況、現象解明に係る科学的な知見の蓄積などを踏まえて、必要に応じて見直しをしていくこととされている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  微小粒子状物質(PM2.5)
  大気汚染防止法
  大気汚染
  PM2.5
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html
ページトップへ