一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 国連環境計画国際環境技術センター

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

国連環境計画国際環境技術センター

コクレンカンキョウケイカクコクサイカンキョウギジュツセンター   【英】United Nations Environment Programme-International Environmental Technology Center  [略]IETC  [同義]UNEP国際環境技術センター 

解説

1991年5月のUNEP(国連環境計画)の管理理事会で設置が決まった国連組織。持続可能な都市および淡水湖沼流域の管理についてのUNEPの役割をさらに強化することを目的に、日本に事務局が設置(1992)され、1994年4月に大阪と滋賀の事務所が正式にオープンした。

途上国等を対象に、下水・大気汚染廃棄物騒音などの都市環境問題(大阪事務所が対応)や、淡水資源の管理に対処するため(滋賀事務所が対応)の、環境上適正な技術(Environmentally Sound Technologies: EST)の利用促進を目的として、調査研究や、データベースの整備、研修、コンサルティングなどの事業を行っている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト