一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 古紙回収率

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

古紙回収率

コシカイシュウリツ   【英】Recovery Rate of Waste Papers  

解説

紙・板紙の国内消費量(「紙・板紙メーカーの紙・板紙払出量」-「紙・板紙輸出入量」)=古紙発生量に対する古紙回収量(「紙・板紙メーカーの古紙購入量」+「古紙輸出入量」)の比率。

古紙利用率が、製紙産業における原料構成の変化を現わしているのに対して、「古紙回収率」は、市場実態の変化を知る手掛かりを得ようとする指標。

2001年の古紙回収率は、62.0%。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト