EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
固定発生源   
次の記事へ
 件数:286件
 索引:「コ」
 228-237件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
固定発生源
コテイハッセイゲン   【英】Stationary Source  
 解説 |
大気汚染の発生源のうち、移動性のないものを「固定発生源」と呼ぶ。工場、事業場がこれに相当する。これに対し、移動しながら汚染物質を排出する自動車などは「移動発生源」と呼ばれる。
比較的大掛かりな処理装置を設置することが可能であり、また、稼動中の発生源の監視、管理もしやすい。固定発生源には、ボイラー、加熱炉、溶鉱炉、廃棄物焼却炉などの「ばい煙発生施設」(大気汚染防止法第2条第2項)、土石の堆積場・コンベアー、粉砕機などの「一般粉じん発生施設」(大気汚染防止法第2条第6項)、アスベストを取り扱う機器類などの「特定粉じん発生施設」(大気汚染防止法第2条第7項)、大気汚染による被害のおそれのあるような物質(「特定物質」)を発生する施設で、事故時には復旧・通報・再発防止等の義務が課せられるばい煙発生施設以外の施設「特定施設」(大気汚染防止法第17条)などがあり、同法(1968)で、排出基準総量規制基準が定められている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  粉じん発生施設
  排出基準
  廃棄物
  特定施設
  大気汚染防止法
  大気汚染
  総量規制
  移動発生源
  アスベスト
  ばい煙発生施設
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気

 関連Webサイト |
ページトップへ