一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 サーマルNOx

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

サーマルNOx

サーマルノックス   【英】Thermal NOx  

解説

燃焼過程において発生する窒素酸化物(NOx)のうち、燃焼用空気の中に含まれている窒素(N2)と酸素(O2)とが高温状態において反応し、NOとなることで生成するNOxを「サーマルNOx」という。これに対して、燃料成分中の窒素分(N分)が酸化して発生するNOxを「フューエルNOx」と称する。

燃焼温度が高く、燃焼域での酸素濃度が高いほど、さらに高温域での燃焼ガスの滞留時間が長いほど、生成量は多くなる。工場のボイラーや自動車エンジンの燃焼により発生し、大都市などにおける主要な大気汚染源となっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト