EICネット
前のページへ戻る

EICピックアップ

環境を巡る最新の動きや特定のテーマを取り上げて(ピックアップして)、有識者に寄稿してもらったり取材して記事にまとめたりして、わかりやすくご紹介します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

No.258

Issued: 2017.01.10

2017年を展望する ──2016年環境重大ニュース

 新しい2017年が始まりました。去る2016年は、1996年4月26日に起こったチェルノブイリ原発事故から30年の節目の年でした。また5月1日は水俣病の公式確認から60年でもありました。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡る議論や、4月1日に始まった電力小売の完全自由化も大きな注目を集めました。東京都ではかつて環境大臣時代にクールビズを提唱した小池百合子知事が誕生、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた水素化社会の促進など環境面での取り組みが政策の柱の一つに掲げられています。
 一方、米国ではバラク・オバマ大統領に代わる新たな大統領候補に指名されたドナルド・トランプ氏が、パリ協定やTPPから離脱を表明するなど自国主義を強め、今後の国際政治に与える影響に注目が集まっています。
 今回は、そんな2016年を環境の視点から振り返る、「2016環境重大ニュース」としてお送りします。本稿が、環境問題の来し方行く末を考えるきっかけの一つになると幸いです。
 なお、選定はEICネット環境ニュース編集部の独断によるものです。ご意見・ご感想などは、文末のアンケートフォームよりお待ちしています。

環境重大ニュース 詳細ページへ

page 1/2 
1
2