一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

オゾン層保護法の規定改正 ハイドロクロロフルオロカーボンの規制強化

【発表日】 2008.05.14 【情報源】 環境省 【地球環境 オゾン層

 オゾン層保護法特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律)の規定の一部を改正が平成20年5月15日公示・適用された。
 今回の改正は、19年9月に開催されたオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書締約国会合において、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)の規制スケジュールの前倒しを内容とする議定書が採択され、5月15日に発効したことを受けたもの。
 HCFC対策についてモントリオール議定書では、その消費量を2010年に基準量(注1)から75%削減するよう強化するとともに、生産量を2010年に75%削減、2015年に90%削減、2020年に原則全廃するというスケジュールで合意されている。【環境省】

(注1)先進国におけるHCFCの消費量・生産量の規制は、1989年の消費量・生産量をもとに算定されている。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク