一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

十和田湖での高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査 結果はすべて陰性

【発表日】 2008.05.14 【情報源】 環境省 【自然環境 野生動植物

 環境省は、平成20年5月14日 秋田県十和田湖周辺及び北海道内の主要なガンカモ類渡来地で採取した水鳥の糞の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の結果、全ての検体が陰性であることが確認されたと発表した。
 今回の調査は秋田県十和田湖等のオオハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が確認されたことを受け、5月1日〜4日かけて実施していたもので、1,173個のガンカモ類の糞が採取され、独立行政法人国立環境研究所において検査が実施されていた。
 なお、月12日にサロマ湖で採取した糞(100個)については、現在検査が行われている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク