EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
鳥取県、水素エネルギーの教育拠点 「鳥取すいそ学びう... 
次の記事へ
 件数:27843件
 新着順に表示
 36-43件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.01.27  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | エネルギー >> 燃料電池
鳥取県、水素エネルギーの教育拠点 「鳥取すいそ学びうむ」整備
 鳥取県と鳥取ガス、積水ハウス、ホンダは、水素エネルギーの教育拠点として「鳥取すいそ学びうむ(とっとり水素学習館)」を鳥取市に整備した。スマート水素ステーションの運用や水素学習のオペレーションなどのテストが終わる4月ごろのオープンを予定している。
 4者は昨年1月に協定を締結し、地球温暖化防止と持続可能な低炭素社会の実現に向けた「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」を進めてきた。
 鳥取市の鳥取ガスグループの敷地内にスマート水素ステーションと太陽光パネルを設置し、太陽光で発電した電力から水素を製造、ホンダの燃料電池車(FCV)「クラリティ・フューエル・セル」に供給する。また、敷地内の積水ハウスの展示場の一部をスマートハウス化し、燃料電池やFCVから住宅へ電力供給を行う。
 さらに、敷地内に水素社会を映像などで学べるコンテナハウスを設置。屋外では、自転車をこいで水素を製造し、その水素を活用した電力で小型無人機「ドローン」を飛ばす体験もできるなど、子供から大人まで学べる体験学習エリアを整備し、水素エネルギー活用への理解を促進する。
 
記事に含まれる環境用語 |
水素社会
地球温暖化
燃料電池
プレスリリース |
http://www.pref.tottori.lg.jp/263503.htm

ページトップへ