一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省、CDPサプライチェーンプログラムへの参加およびサプライチェーン・アジアサミット2019を開催へ

【発表日】 2019.02.08 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 環境省は、サプライチェーン排出量を精緻に把握することや、サプライヤーの環境に関する取組の促進のため「CDPサプライチェーンプログラム」へ参加する。
 このプログラムは、CDPがプログラム参加者のサプライヤーに対し、環境の取組状況に関する質問書を一斉に送付し、回答を整理、当該参加者に、そのデータを分析して還元するもの。
 昨年は、世界で115の企業・機関が、うち日本から10社の企業が参加しており、今回、日本国内の公的機関としては初めての参加となる。

 また、官民を挙げてサプライチェーン全体のマネージメントをより一層促進するため「サプライチェーン・アジアサミット2019」を開催する。

 日時:平成31年3月4日(月)13:30〜17:00(受付開始12:30)
 会場:イイノカンファレンスセンター(東京都千代田区)
 申込期限:平成31年2月18日(月)
 定員:230名 ※参加費無料

 当日のプログラム、申し込み方法等詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース