一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース国内ニュース

(仮称)川内鬼太郎山風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

【発表日】 2019.06.11 【情報源】 環境省 【環境一般 環境アセスメント

 環境省は、「(仮称)川内鬼太郎山風力発電事業環境影響評価準備書」(JR東日本エネルギー開発株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 この事業は、福島県双葉郡川内村において、最大で総出力40,799kWの風力発電所を設置するもの。

 環境大臣意見では、本事業は地域の復興に資する事を目的として福島県を始めとした「福島県阿武隈風力発電環境アセスメントコンソーシアム」が配慮書手続を実施した「福島阿武隈風力発電構想」の一部をなすものであり、地球温暖化対策及び福島県の復興の観点からは望ましいものである旨述べた上で、
 (1) 風力発電設備の設置及び工事用・管理用道路の新設による比較的大きな改変が行われる箇所があることから、切土量及び盛土量を可能な限り少量化すること、
 (2) 発生土や伐採木等の廃棄物については、可能な限り発生量を抑制することや、一部を廃棄物として処分する場合には、それらの放射性物質濃度を調査するとともに、関係機関と調整した上で、適切な方法で、搬出、運搬及び処分等を実施すること
 等を求めている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース