一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

(仮称)新岩屋・新尻労風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

環境一般 環境アセスメント】 【掲載日】2020.10.13 【情報源】環境省/2020.10.12 発表

 環境省は、「(仮称)新岩屋・新尻労風力発電事業環境影響評価準備書」(株式会社ユーラスエナジーホールディングス)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 この事業は、青森県下北郡東通村において、稼働中である「ユーラス岩屋ウインドファーム」(総出力32,500kW)及び「ユーラス尻労ウインドファーム」(総出力19,250kW)の風力発電設備36基を全て撤去し、総出力は増加させずに、定格出力約4,300kWの風力発電設備14基に建て替えるもの。

 環境大臣意見では、評価書の作成までに、
 (1)オジロワシ、オオワシ等の冬季の生息有無や飛翔状況等について追加調査を実施し、
 (2)専門家からの意見等を基に既に発生しているオジロワシ等のバードストライクの発生要因について検証を行い、
 (3)これらの結果を踏まえ、風力発電設備の配置を再検討し、対策を講ずること。
 (4)事後調査を実施し、環境影響が十分に低減できていないと判断された場合には、追加的な環境保全措置を講ずること
 等を求めている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース