EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ラテンアメリカ・カリブ諸国、気候行動の透明性を高める... 
次の記事へ
 件数:11331件
 新着順に表示
 209-216件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.08.21  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
ラテンアメリカ・カリブ諸国、気候行動の透明性を高める取組を報告
 ウルグアイのモンテビデオで開催中のラテンアメリカ・カリブ地域気候週間のイベントで、国連環境計画(UNEP)は「気候行動透明性センター」の活動開始を報告し、チリ、コスタリカ、アルゼンチンがそれぞれの取組を報告した。同センターの支援を受けて透明性計画を策定したのはこの3か国が初めて。チリは全国気候情報プラットフォーム、コスタリカは戦略的気候計画ユニットに取り組んでおり、アルゼンチンは温室効果ガスインベントリシステムを構築する。同センターは、パリ協定13条「行動と支援の透明性」枠組みの遵守促進を目的とし、ウェブサイトで各国の気候約束の進捗を報告している。同センターは、UNEP-DTUパートナーシップの技術支援の下に活動し、ラテンアメリカ・カリブ地域の「技術移転と気候変動行動ゲートウェイ(REGATTA)」の構成員でもある。この地域は世界の温室効果ガス排出の約10%を占め、大幅な脱炭素化の可能性がある。UNEPは「パリ協定の実施段階において、各国は技術や能力の不足など類似した課題に直面している。透明性は協調した効率的な方法で前進する機会を生む」とした。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
温室効果
温室効果ガス
気候変動
国連環境計画
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/news/latin-american-countries-push-climate-action-transparency

ページトップへ