EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ハワイ大学の研究者ら、太陽光への曝露によってプラスチ... 
次の記事へ
 件数:11226件
 新着順に表示
 100-107件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.08.24  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
ハワイ大学の研究者ら、太陽光への曝露によってプラスチックから温室効果ガスが放出されると報告
 ハワイ大学の研究者らは、太陽光に曝されたプラスチックから、強力な温室効果ガスであるメタンとエチレンが放出されることを突き止めたと報告した。これらの放出率は時間と共に増加し、かつ水中よりも大気中のほうが一段と高いという。同研究者らは、各種プラスチックを調査し、特にレジ袋等に使われ生産量、廃棄量ともに世界最多のポリエチレンがメタンとエチレンの最大の放出源であると指摘する。低密度ポリエチレンの場合、大気中で太陽光を受けて放出するメタンとエチレンは、水中に比べてそれぞれ2倍、76倍であった。別の研究によれば、メタンはCO2の30倍以上も強力な温室効果ガスである。プラスチックの年間生産量が20年後には現在の2倍になり、廃棄され自然界に山積するプラスチックも増えると予測されるなか、プラスチックごみを無くすための取組を主導している国連環境計画(UNEP)は、同大学の研究結果によって、プラスチック汚染そのものへの対策のみならず、温暖化対策としてもプラスチック問題を解決する必要性が示されたとしている。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
メタン
温室効果ガス
国連環境計画
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/story/double-trouble-plastics-found-emit-potent-greenhouse-gases

ページトップへ