一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

カナダ環境・気候変動省、脱石炭連合の参加主体が80に達したと報告

【発表日】 2018.12.13 【情報源】 カナダ 【地球環境 その他(地球環境)

 カナダ環境・気候変動省は、COP24で、同国とイギリスが主導する脱石炭連合にセネガル、イスラエル、スコットランド、メルボルン市、シドニー市、イギリスの電力会社スコティッシュ・パワーが参加し、参加主体が80に達したと報告した。同連合は石炭火力発電の段階的廃止を目指して2017年に発足した。カナダは石炭発電からの脱却とクリーン電力への公正な移行を進めており、2030年までにクリーン電力の割合を90%とすることを目標に掲げている。脱炭素に向けた取組により、国内では2030年までに1280万トンの排出ガスを削減し、早死や喘息発作などを減らすことができると推計されている。クリーン経済による投資機会や雇用の創出も期待されるなか、今回カナダは、国外、特に東南アジアの途上国に対する新たな支援策も発表した。世界銀行を通じて約2億7500万ドルを拠出し、クリーンエネルギーへの移行をはじめ、気候行動に民間資金を動員したりクリーンエネルギー分野において女性の参画を促したりするための取組につなげるという。【カナダ環境・気候変動省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース