一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 炭鉱地域の構造転換に向けてヨーロッパ内の炭鉱地域間の交流を促進

【発表日】 2018.12.12 【情報源】 ドイツ 【環境行政 その他(環境行政)

 ドイツ連邦環境省は、ヨーロッパ内の炭鉱地域間の交流を促進している。これは、連邦環境省が進める「ヨーロッパ気候保護イニシアティブ(EUKI)」の枠組みで実施するもので、環境保護団体のWWFに対し、66万ユーロのプロジェクト資金を拠出している。WWFは、2017年以降、ドイツ政府と欧州委員会とともに、ブルガリア、ポーランド、ギリシャにおける炭鉱地域間の交流を進めてきた。地方自治体や労働組合、NGOなどの代表者が参加し、ワークショップやEU委員会との対話、ルール地方や西アケドニアへの視察、対象地域の市長フォーラムの設立などを行ってきた。今回開催されたCOP24では、WWFポーランド支部がシレジア地域の炭鉱地域の移行戦略に関する研究結果を公表し、社会に受け入れられる構造転換を積極的に形成する方法について提言した。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース