一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

カナダ、絶滅危惧種に基づく8種の重要生息地を保護

【発表日】 2018.12.19 【情報源】 カナダ 【自然環境 野生動植物

 カナダ漁業海洋省は、ウィルキンソン漁業海洋・カナダ沿岸警備隊大臣が、絶滅危惧種法(SARA)に基づき、パブリックコメントを経た8つの重要生息地令(critical habitat order)に署名したことを発表した。今回署名されたのは、アトランティックホワイトフィッシュ、ゼニガタアザラシ(ラック・デ・ルー・マラン)など8種類の水生生物種についての重要生息地令である。
 重要生息地は、SARAのリストに収載された絶滅のおそれのある野生生物種の存続または回復のために必要な生息地であり、その生物種のために策定された回復戦略あるいは行動計画において種の重要生息地と特定されたものをいう。重要生息地令は、この重要生息地を破壊するおそれのある現行および将来の人間活動を禁止することにより生息地を保護するもので、重要生息地と指定された地域では、提案される活動について個別の評価が行われる。今回署名された重要生息地令はすでに官報で発表されている(一部はまもなく発表)。【カナダ漁業海洋省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク