一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ルクセンブルク、持続可能な金融を推進するネットワークの支援に合意

【発表日】 2019.04.12 【情報源】 国連 【地球環境 国際環境協力

 国連環境計画(UNEP)は、ルクセンブルクが「持続可能性のための金融センター(FC4S)」ネットワークの取組を支持し、50万ドルの資金提供に合意したと発表した。ルクセンブルクは、欧州最大の投資ファンドセンターであり、グリーン金融にも率先して取り組んできた。2016年には持続可能性や社会責任も含めたグリーン証券に特化した「ルクセンブルク・グリーン証券取引所(LGX)」を初めて設立、LGXは上場グリーンボンドで世界最大のマーケットシェアを持つ。
 FC4Sは持続可能な金融を推進する世界の金融センターがUNEPと共に活動するネットワークで、現在、欧州、アジア、アフリカ、北米の22のメンバーが、持続可能な開発目標(SDGs)とパリ協定の目標達成に向けた金融を推進している。現在の世界のグリーン資金は、SDGsとパリ協定の目標達成に必要な水準にはまだ程遠い。必要な資金の多くは民間部門に求めなければならないとして、UNEPは、世界の金融センターのグリーン化を促すFC4Sの役割を強調し、協力を強化してくれたルクセンブルクに感謝を表明した。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース