EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「06年版不公正貿易報告書」掲載検討案件リスト案への... 
次の記事へ
 件数:29231件
 新着順に表示
 20070-20077件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2006.04.18  情報源 | 経済産業省  カテゴリ | エコビジネス >> 環境と経済
「06年版不公正貿易報告書」掲載検討案件リスト案への意見募集結果公表
 経済産業省は2005年11月8日から12月22日まで実施していた「06年版不公正貿易報告書」掲載検討案件リストへの意見募集結果を06年4月18日までにまとめた。
 「不公正貿易報告書」は日本の産業界の事業活動にとって問題となる各国の貿易政策・措置の改善・撤廃を相手国に促すことを目的とした資料。
 「06年版不公正貿易報告書」掲載検討案件リストのうち、環境問題関連の事項に関しては、05年版に続き、EUの新化学品規制「REACH」、廃電気電子機器指令(WEEE)、電気電子機器中の特定有害物質使用制限指令(RoHS)、廃電池指令改正案、エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求設定枠組み指令(EuP)案などへの改善要求を掲載するとされていた。
 今回の公表内容によると、意見募集期間中に寄せられた意見は28件。
 意見には「中国の『電子情報製品汚染予防管理方法』は各種表示義務を生産者に負わせるものであるが、不明瞭、不適切な点が多い」という内容があり、この意見については、「指摘を踏まえて、中国の基準・認証制度の項の新規案件として、『電子情報製品汚染予防管理方法』についての改善要求を掲載した」との対応が示されている。【経済産業省】
記事に含まれる環境用語 |
廃電池
有害物質
プレスリリース |
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?ANKEN_TYPE=3&CLASSNAME=Pcm1090&KID=595200505&OBJCD=&GROUP=
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
06年版「不公正貿易報告書」が産構審委員会で了承  中国の有毒化学品規制を新掲載 (EICネット 国内ニュース)
日本側、EUに環境規制に関する懸念事項を伝達 日本・EU規制改革対話05年ブリュッセル会合 (EICネット 国内ニュース)
欧州閣僚理事会 EU新化学物質規制 REACHに合意(EICネット 海外ニュース)
関連リンク
「2006年版不公正貿易報告書」本文および「経済産業省の取組方針」
中国・国家環境保護総局 有害化学品のページ

ページトップへ