一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

幹周り3m以上の巨木、全国で64,479本確認 

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2001.10.04 【情報源】環境省/2001.10.04 発表

 環境省自然環境局生物多様性センターは、第6回自然環境保全基礎調査「巨樹・巨木林フォローアップ調査」の結果をとりまとめた。
 この調査は、昭和63年実施の「巨樹・巨木林調査」で報告された巨木55,798本の現況と、その後に新たに確認された巨木の状況を把握することを目的に、全国の市町村や「全国巨樹・巨木林の会」の会員に協力を呼びかけて実施された。
 調査対象となるのは、地上から1.3mの高さでの幹周りが3m以上の木。今回の調査では、こ基準に該当する巨木10,367本が新たに報告される一方で、枯死・伐採等により1,660本が失われたことが判明し、最終的に基準に該当する巨木が全国で64,479本確認された。
 また、前回調査では報告の少なかった山岳部や離島から多くの報告があり、エノキ(徳島県一宇村)、スダジイ(東京都御蔵島村)などの樹種で国内最大級の巨木が発見された。
 なお環境省では、平成13年中に調査結果を報告書として公表する予定。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク