EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EPA 土壌くん蒸剤の安全対策を強化        
次の記事へ
 件数:10442件
 新着順に表示
 4560-4567件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.07.10  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
EPA 土壌くん蒸剤の安全対策を強化
 農業者や農地周辺住民の保護を強化するため、EPAは土壌くん蒸剤の安全対策を強化する方針を打ち出した。
 臭化メチル、クロルピクリン、ダゾメット、メタム・ナトリウム及びメタム・カリウムについて、EPAはヒトの健康を保護するため、現場で次のような緩和策を講じるよう提案する。
●土壌くん蒸剤の使用者は、くん蒸を始める前に、対象地区のくん蒸管理計画を文書で策定すること
●対象農地の周辺にバッファーゾーンを設ければ、周辺住民への有害な影響を削減できる。バッファーの範囲は、優良な管理事例に基づいて調整。
●くん蒸の対象地、時期及びバッファーゾーンについて掲示で周辺住民や作業者に知らせること。
●緊急事態への対応を確実にするため、登録者は、土壌くん蒸剤の安全情報や訓練を提供すること。
●土壌くん蒸剤の登録者は、地域の人々に、くん蒸剤やバッファーゾーン、曝露した場合の初期兆候、事故時の対応方法を教える普及啓発プログラムを実施すること。
●土壌くん蒸剤の登録者は、一層厳しい、労働者保護対策を採用するとともに、作業者への訓練を考案すること。
●全ての土壌くん蒸剤を規制対象農薬に分類し、訓練を受けた者だけが散布や監督を行えるようにすること。
 EPAは、60日間にわたってパブリック・コメントを募集した後、必要に応じて対策を調整する予定。【EPA】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
バッファーゾーン
臭化メチル
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/e57c36fc0df8f7238525748200510254!OpenDocument
関連情報 |
関連リンク
詳細について

ページトップへ