EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「フタル酸ジ−2−エチルヘキシル」海防法上の汚染分類は...
次の記事へ
 件数:28099件
 新着順に表示
 15076-15083件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2008.10.16  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 海洋汚染
「フタル酸ジ−2−エチルヘキシル」海防法上の汚染分類は、Y類:係数25に
 環境省は、海防法(海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律)第9条の6第3項の規定に基づく未査定液体物質「フタル酸ジ−2−エチルヘキシル」(注1)の査定結果を、汚染分類Y類:係数25と告示した。
 また、9月1日から9月30日まで行われた、意見の募集(パブリックコメント)には、意見の提出がなかったとしている。【環境省】

(注1)フタル酸ジ−2−エチルヘキシル。別の呼称:フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)、フタル酸ジオクチル、DOP、DEHP など。主な用途は、可塑剤として塩化ビニル製品(シート、レザー、電線被覆材、農ビ用フィルム等)等に添加されている。
記事に含まれる環境用語 |
塩化ビニル
可塑剤
海洋汚染
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10290
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
海防法上の未査定液体物質の査定結果案で意見募集 フタル酸ジ−2−エチルヘキシル(国内ニュース)
海防法上の未査定液体物質の査定結果案で意見募集 ジシクロヘキシルアミンなど2種(国内ニュース)
「海洋汚染防止法施行令」改正が閣議決定へ(国内ニュース)
関連リンク
環境省 化学物質の環境リスク評価 第1巻 [29]フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)(PDF形式)
環境省 海洋環境保全 有害液体物質について

ページトップへ