EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
海上保安庁 VTSに関する公開シンポジウムを開催へ   
次の記事へ
 件数:28094件
 新着順に表示
 15069-15076件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2008.10.08  情報源 | 海上保安庁  カテゴリ | 地球環境 >> 海洋汚染
海上保安庁 VTSに関する公開シンポジウムを開催へ
 海上保安庁は、「VTS(注1)に関する公開シンポジウム」を平成20年10月29日に東京・虎ノ門の海洋政策研究財団において実施すると発表した。
 近年、e-Navigation(注2)構想の実現に向け、船舶の安全航行を確保するため、きめ細かな情報提供の重要性が増している。また、AIS の進展により船舶動静が把握でき、沿岸国における環境保護の観点から、世界的に新たなVTS のあり方、管制官の権限の見直しについて議論が活発化している。
 本シンポジウムは、19年開催の「e-Navigation に関する公開シンポジウム」に続き、諸外国の専門家を招聘し、各国のVTS の現状と展望について紹介するシンポジウムを開催するもの。

(注1)Vessel Traffic Serviceの略 海上交通センターが行う船舶への情報提供及び航路を通航する船舶を管制する業務のこと
(注2)航行船舶の電子海図表示装置等において自船位置を表示し、衝突や座礁を回避するための航海安全情報、航路標識情報、気象海象等の情報をリアルタイムに陸上から伝送、ヒューマンエラーに起因する海難を未然に防ぐとともに、船舶動静を含む各種情報を海域関係者が共有することにより、安全かつ効率的な船舶運航の実現を目指すもの。
電子海図、海上ブロードバンド通信、強固な測位システムが必要とされている。【海上保安庁】
プレスリリース |
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h20/k20081008/k081008-2.pdf
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
海上保安庁、平成20年度「海洋環境保全推進月間」の取り組みについて公表(国内ニュース)
総合的な航海支援システム(e-Navigation)に関するシンポジウム開催へ(国内ニュース)
19年度「海洋環境保全推進月間」 海防法改正内容の周知活動など実施へ(国内ニュース)
19年の「全国海難防止強調運動」を実施へ 7月16日から31日まで(国内ニュース)
関連リンク
海上保安庁 統計資料のページ

ページトップへ