一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース国内ニュース

7月7日は「クールアース・デー」 各種の取組が実施へ

【発表日】 2009.06.19 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 環境省は、各府省における「クールアース・デー」に向けた取組をとりまとめ、発表した。
 2008年7月7日の七夕の日にG8サミットが開催されたことをきっかけに、天の川をみながら、地球環境の大切さを国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感し、家庭や職場における取組を推進するための日として、クールアース・デーが毎年7月7日(七夕の日)に定められています。
 全府省的な取組として、所管施設のライトダウンや所管団体への周知、不要不急の公用車の使用自粛などが行われる。
 各府省の取組としては、7月7日に「七夕ライトダウン」「クールアース・デー記念イベント」などを実施するだけでなく、7月7日前後の期間に「貨店・店舗など公共空間でのCOOL BIZの本格実施」「使用済携帯電話回収促進キャンペーン」「クールアース・デー記念展示」『「スクール・ニューディール」&「地域新エネ」コンベンション』「新エネルギー世界展示会」「生きものやバイオマスがいっぱい!日本の農林水産業」などの実施が予定されている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

「使用済携帯電話回収促進キャンペーン」6月3日から実施へ(国内ニュース)

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」2009年も実施へ(国内ニュース)

毎年 七夕はクールアース・デー 各府省の取組を紹介(国内ニュース)

関連リンク