一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

2010年平均気温の確報 世界は観測史上2位、国内は4位の高温

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2011.02.03 【情報源】気象庁/2011.02.02 発表

 気象庁は2011年2月2日、2010年の世界と日本の年平均気温の確報値を発表した。
 年平均気温速報値は、陸上で観測された気温データと海面水温データを使って算出する統計手法によるもので、2010年の世界の平均気温発表データは、平年(1971年から2000年の平均値)より0.34度高く、統計が始まった1891年以降のデータ中では、2番目に高い値であった。
 また、日本の平均気温と平年との差はプラス0.86度で、統計を開始した1898年以降では4番目に高い値であった。
 なお、この100年で世界の平均気温は0.68℃、日本の平均気温は1.15℃上昇しており、特に1990年代以降高温となる年が頻発している。
 気象庁では近年、世界と日本で高温となる年が頻発している要因として、二酸化炭素の増加による地球温暖化の影響に、数年〜数十年規模で繰り返される自然変動が重なったことを上げている。
 また、2010年の平均気温が比較的高くなった要因としては、2009年夏から2010年春まで持続したにエルニーニョ現象が影響したためと見ている。【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク