EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、欧州委員会が実施するヒト・バイオモニタリング... 
次の記事へ
 件数:10165件
 新着順に表示
 2423-2430件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2011.07.28  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
ドイツ、欧州委員会が実施するヒト・バイオモニタリングの研究プロジェクトに参加
 8月以降、欧州連合加盟国17ヶ国において人間への有害物質負担の関する研究「DEMOCOPHES」が実施され、各国から約4000人の母親と子供が参加する。これは、環境に出た有害物質の人間への曝露について検査するヒト・バイオモニタリング(HBM)を実施するパイロット研究プロジェクトであり、欧州委員会の委託により、加盟国の専門家による研究チームが結成され、加盟国17ヶ国の政府が参加する。ドイツでは、連邦環境庁が担当し、ノルトライン=ヴェストファーレン州において実施されるプロジェクトには、母親とその6歳から11歳の子供、合わせて120人参加する。参加者は、それぞれの尿と毛髪を提供し、アンケートに答える。対象となる有害物質は、水銀水銀に汚染された魚の摂取が要因)、カドミウム(栄養と喫煙が要因)、コトニン(受動喫煙が要因)、フタル酸塩(子供の玩具などプラスチック製品が要因)である。検査結果は、研究プロジェクトに反映されるだけでなく、参加者に直接伝えられる。欧州連合加盟国において、統一したヒト・バイオモニタリングを実施することは、加盟国ごとの人間への曝露状況について比較し、曝露の要因を探し、要因を削減するための政策策定につながるとしている。【ドイツ連邦環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
カドミウム
水銀
有害物質
プレスリリース |
http://www.umweltbundesamt.de/uba-info-presse/2011/pd11-037_untersuchung_zur_schadstoffbelastung_der_menschen_in_europa.htm

ページトップへ